2015年5月17日日曜日

【例大祭12】東方SCP合同誌"SCP-8901-THP"レビュー


無事に5/10の例大祭12を終えることが出来たので、戦利品のレビューを行います。
まずは私も寄稿した東方SCP合同から。
「蛇と予言と使者殺し」電子版は初めての組版で難航しているのでもう少しお待ちください。
この合同誌自体がSCPであること(という設定)を示す封筒と報告書。このように装丁にも非常なこだわりが感じられます。
掲載順に感想をば。一部ネタバレあり。

もなつ @monatsu 「うつくしきもののために」題材:SCP-1009
メリーがその境界を越える時、何が起こるのか。本編は4Pとシンプルながら、その前後に横たわる物語について豊かなイマジネーションを引き起こします。怪奇「創作」wikiを題材にしたこの合同の幕開けにふさわしく綺麗なお話。

喚く狂人 @wamekukyouzin 「取罪」題材:SCP-318-JP
とあるレコードに覆い隠された、人里の下に潜む醜悪なもののお話。百合厨は心を抉られて死ぬ(死んだ)東方二次創作としてはエグいもののSCPの創作としては正統派かも?
財団wikiにTaleとして投稿しても違和感はないでしょう。

tominion @tominion_ 「マエリベリー・ハーンの存在論的境界小考」題材:SCP-609
秘封と、例の忌々しい6番ボールだ。ワーオ!蓮子が見つけてしまっただけでも厄介なのに、そいつの事をメリーが知ってタダ球が増えるだけで済むはずもなく……?
オチはベタながら……えーとなんだっけ。温泉行きたい。

鵜飼かいゆ @bird_hunter_mad「あなたにはなにがみえますか」題材:SCP-8900-EX
サトリは色盲だという。こいしと紫が会話するだけの一見穏やかな話だが、元ネタのSCP-8900-EXを読んだ上で冒頭を読み返せば印象は大きく変わるだろう。間違っているのは、嘘つきは一体どちらなのだろうか。

楷ノ木かえで @KainokiKaede 「あいでんてぃてぃ☆くらいしす」題材:SCP-180
ぬえちゃんがSCP-180に<<正体不明>>を奪われた!命蓮寺に駆け込むが、アイデンティティを失った彼女は誰にもマトモに取り合ってもらえず……
普通に考えれば帽子が誰かの手に渡ったことでぬえちゃんの努力とは一切関係なしに事態が解決してしまったという事になるけど、 個人的にはぬえが自分自身の正体不明さに恐怖したことで自力でアイデンティティを取り戻し、SCP-180を破ったという説を取りたいです。
SCP-055との対決も見てみたい!

けんしん @kenshin3 「while True:」題材:SCP-634SCP-____-J
三月精の三人が、どういうわけかSCP-634とSCP-____-Jに同時に触れてしまったからさあ大変。ルナが現場を離れればなんとかなるので、この後アリスあたりに相談して助けてもらうんでしょうか。タイトルはプログラマーならニヤリ(無限ループを表すコード)

10式戦車 @Type10TK「ビタースイート・ファーストコンタクト」題材:SCP-140
幻想郷・ミーツ・SCP。悪意のある何者かが幻想郷にSCP-140“未完の年代記”を持ち込んだ!重症で診療所送りになる魔理沙、残された魔女たちと紫と動く!カッコいいパチュアリが見れます。財団側が幻想郷に対して使った「自発的な収容」というフレーズにニヤリ。もし財団と紫が接触したらまさにこんな風になるだろう、という場面を上手く描き出しています。
幻想郷側が危険なSCPをハッキリと認識したらこんな反応をするだろうし、財団は財団で幻想郷を認識したらこういう対応をするだろう、というお互いの視点が伺えてニヤリとさせられます。もう少し尺があったらSCP-140の脅威をより詳細に描き出すべく魔理沙の苦しむ様子をより写実的に……いや何でもないです。

海沢海綿 @ka_i_me_n 「割れた女王月」題材:SCP-1812
ホラー。わかさぎ姫が溺れる、という不可解で衝撃的なシーンから始まる。その文体は水彩画のように透明で美しく、油絵のように繊細で緻密。ホラー要素を前面に出したTaleにはこの上なく合っている。その代わりいわゆる王道エンタメ要素は皆無。苦手な人はいるだろう。
海綿さんっていわゆるエンタメ要素を犠牲にしているというか、入れたらあの文体は成り立たないと言えるところまで話運びと文体が一致したスタイルを作り上げているんだけど、怪奇創作としてのSCPをテーマにした合同ということを考えればむしろ海綿さんのやり方こそが王道なんだろうな(おえっぷ)

肥溜め落ち太郎 @sosohikiniku4 「Lifework」題材:SCP-001“スキャントロンの提言”
UIU所属の主人公と、大企業を抜け出したフランとの出会いと別れをラノベ風の文体で軽快に綴る。ともすれば存在がジョーク・かませ犬と揶揄されがちなFBI異常事件課だが、これを読んだ後は好きになってるかも?
ちょっとSCP-001との繋がりが分からなかったので肥溜めさんに直接お聞きしました。


私の寄稿分「蛇と予言と使者殺し」も大変ご好評を頂いているようで非常に嬉しいです。
近々ふせったーを通じて行った解説をまとめて記事にしようと思います!

アリスブックスで委託も行っているのでよろしくお願いします!価格は1700円。

0 件のコメント:

コメントを投稿